Wright Flyer Studios 採用サイト

「開発途中のゲームはつまらなくて当然です」と、ひたすら面白いゲーム作りに励む。

ゲームデザイナー

渡辺 卓

株式会社スクウェア・エニックスでプランナー業務に従事した後、2012年に入社。いくつかのネイティブアプリ開発に携わり、現在は消滅都市チームに参画。

現在の担当プロジェクトとそこでの役割は?

消滅都市チームで企画メンバーのまとめ役をやっています。

普段の仕事内容を教えてください

企画内容のレビューやアドバイス、どんな「消滅都市」にしていくかの議論。

仕事をする上で大切にしていることは?

楽しく作ること。

これまで仕事で経験した辛かったことは?
それをどう乗り越えましたか?

開発のゴールが見えず、開発メンバー内に「このゲームは完成するんだろうか」という雰囲気が漂っている時は毎回ツライです。そういうときはいつも「開発途中のゲームはつまらなくて当然です」、「最後にグッと面白くなります」と言い張って、ひたすら面白いゲームになるよう頑張ってます。

達成感を感じたのはどんなとき?

作ったゲームをリリースして、お客さまから良い反応をいただくときです。

あなたにとってWFSはどんな場所ですか?

色んなことにチャレンジできる場所です。ゲーム開発に限らず、マーケティングやプロモーションにもさまざまな形で関われます。あと、会社全体の「とりあえずやってみようぜ感」と「ロジカルに詰めて考える」のバランスがちょうど良いです。

今後の夢を教えてください

自分の子供が夢中になるゲームを作ること。まだ小さいので、実現はもうしばらく先になりそうですが。

※WFSとはWright Flyer Studiosの略称です。