Wright Flyer Studios 採用サイト

お客さまが、楽しんでくれる体験を設計し続ける。

ゲームデザイナー

細谷 伊佐武

2009年新卒入社。入社後からモバイルゲームを担当し、エンジニア兼プロデューサーとして、立ち上げ、運用、海外展開などに従事。その後、WFSに参画、ゲームデザイナーとして、「パズクエ」「アナザーエデン」「ダンメモ」に携わる。

現在の担当プロジェクトとそこでの役割は?

ダンメモで、リードイベントプランナーとして、全体のレベルデザインを担当しています。

普段の仕事内容を教えてください

新コンテンツの設計や、イベントのチェックを行っています。
また、別チームのスペシャリストと協力し、ゲーム開発の改善につながる実験的なプロジェクトを進めていたりします。

仕事をする上で大切にしていることは?

自分が理解できる形に整理すること、を心がけています。
自分がしっくりくる形に整理できれば、必要な形で情報を切り出せるので、議論も円滑に進みます。
そのためには、わからないときにわからないと言える関係性や環境がベースに必要ですね(笑)

これまで仕事で経験した辛かったことは?
それをどう乗り越えましたか?

自分がプロデューサーとして担当していたプロダクトがリリースされなかったことです。
その経験の後、ゲームに対してどのように向き合っていくかを悩み抜いたことで、今のゲームデザイナーとしての仕事に邁進できていると思います。

達成感を感じたのはどんなとき?

自分で設計した体験を、お客さまが楽しんでくれている時です。
次から次へとそういった体験を作り続けなければいけないのが難しいところでもありますが。

あなたにとってWFSはどんな場所ですか?

歴史がまだ始まったばかりということもあり、しがらみなく、なんでも受け入れられる土壌があると感じます。
面白いことをしたい人にとっては、ワクワクできる環境ではないでしょうか。

今後の夢を教えてください

ゲーム開発にAIを応用していくことです。
自動化のようなしっかりと結果が出せるところから始めて、クリエイティブなコンテンツ生成などに挑戦していきたいと考えています。

※WFSとはWright Flyer Studiosの略称です。