Wright Flyer Studios 採用サイト

ゲームを通じて誰かの想像力に影響を与えたい。かつての自分がそうだったように。

プロデューサー/ディレクター

古屋 海斗

2012年グリー新卒入社。新規事業の立ち上げなどを経て、2015年、アナザーエデンの立ち上げメンバーに。フィールドディレクターとして、アナザーエデンの移動周りのゲームデザインや、メインストーリー以外のシナリオの執筆から監修までを担当。現在は同作ディレクター。

現在の担当プロジェクトとそこでの役割は?

アナザーエデンのディレクターを担当しています。

普段の仕事内容を教えてください

アナザーエデンの方向性を決める仕事です。具体的には、コンテンツやキャラの企画・原作、上がってきたイベントシーン・アート・サウンドの監修といったことをしています。たまに、自分でもシナリオを書いて実装したり。

仕事をする上で大切にしていることは?

ゲームが大好きな、過去から現在に至る全ての自分が、そのゲームを楽しいと思えるかどうか。
ゲーマーとしての勘のようなものでしょうか。
細かな部分のこだわりはお客さまには手に取るように伝わってしまうので、大切にしています。

これまで仕事で経験した辛かったことは?
それをどう乗り越えましたか?

アナザーエデンを立ち上げる前は、非ゲームの新規事業立ち上げなどを続けては失敗し、辛い日々を送っていました。それで吹っ切れて、アナザーエデンという自分の夢を叶えるためのプロジェクトに携わることで、乗り越えたような気がします。結果論ですけどね。

達成感を感じたのはどんなとき?

自分たちが見た「夢の結晶」がお客さまに届き、そして共感されたときです。

あなたにとってWFSはどんな場所ですか?

ものづくりで世界を変えたいと思っている、最新の夢を見る人々の居場所。

今後の夢を教えてください

かつて自分がゲームに影響を受けて、想像力を育くんだように。
自分が作ったゲームが、誰かの想像力に影響を及ぼし、そうやってゲーム業界が豊かになっていくことに貢献すること、です。

※WFSとはWright Flyer Studiosの略称です。